ここまでで気づいたこと 百聞は一見にしかず!!!

おかげさまで「MARRON HOUSE」は、先日、無事に工務店さんと契約を交わし、いよいよ家作りプロジェクトがスタートします!

さて、2月から6月までのあいだ、あまぐり夫婦はただ図面の調整ばかりをしていたのではありません。
「家を作ろう!」そう思い立ってから、とにかくいろんなものを見ていました。

まずは住宅番組。土曜日とか、テレビでいろいろやってますよね。
毎週欠かさずビデオ録画して、二人で見てました。(二人で一緒に見るのがポイント)
あれはないよね~、とかセンス悪~、とか言いつつも、たくさんのアイデアをもらうことが出来たのも事実。
おしゃれなインテリア雑誌よりもずっと現実的で、参考になりました。写真と違って動画だから、いろんな角度から見れるのも良いです。
こういうの好きなのー、と、自分のイメージを明確に伝えるのにも役立ちました。
e0007223_1004154.jpg
それからメーカーのショールーム。
トイレとか、キッチンとか、ショールームへ出かけて行って実物を見ることに勝るものはありません。実際の大きさを自分の目で確かめる、これはとても重要な事です。
悲しいかな、写真で見たほど実物は良くなかった・・・と感じる事が多かったです・・・。
わたしは、キッチンを工務店さんにオリジナルで作ってもらうことにしていますが、それも、たくさんのメーカー製システムキッチンを見ていくうちに、自分の求めているものは違う、と気づいたからこそ、たどりつけた結論なのです。

それから、工務店さんが開く、完成見学会。
これは絶対見ておいて損はないです!その工務店さんの仕事ぶりはもちろん、実物大の家の中に身を置くと、いままでどうしようか迷っていた部分が、はっきりと明確になってきます。
図面上で描く空間と、自分の目線の空間って、ほんとに別モノです。
木材やクロスの使われ方、床の感触、収納棚やキッチンの配置、外壁の仕上がり・・・など、これから自分が建てる家をイメージしつつ見学すると、ほんとに学ぶものは多いです。

これから家作りを考えている方も、まずは自分の好みじゃない分野のものでも、とにかくたくさんのものを見ることをオススメします。
たくさん見ることで、自分の中のイメージが明確になって、迷うことが少なくなります。
わたしはそうでした。

一生に一度の家作りプロジェクト、完成した後、夫婦げんかが耐えない・・・なんてことにならないように、心から納得した家が建てられると良いですね。


ランキング参加中です。よろしかったら投票してください。
   ↓クリック
人気blogランキングへ
[PR]
by marronhouse | 2005-06-27 10:21 | 編物(マフラー・帽子)


<< ある日のお土産・・・ これまでのお話 Ⅲ ミニマロン... >>