脱皮・・・?

e0007223_8532615.jpg
植えて2年目、シラカバなのに相変らず幹は黒く、ひょろひょろと細くて、支柱がないと自立していられないほど頼りない我が家のシラカバですが、夏を迎えて、幹にわずかな変化が現れ始めました。
幹の皮が破けて、中から緑の幹が顔を出しています。
裂け目は、徐々に幹全体に何箇所も現れるようになり、現在まだら状態。
これは、白くなる前兆なんでしょうか。
もともと、我が家が植えたジャックモンティという品種は、関東などの暖かいところでも幹が白くなる品種で、なおかつ若木の頃から白くなるのが特徴なのですが、我が家のシラカバたちはまったく白くなる気配なし。
やはり育て主の腹黒さが反映されてる・・・?
そして、今年も尺取虫との戦いの季節。
去年は、シラカバを尺取虫が食べるとは知らず、ほぼ丸坊主にされてしまったのですが、今年は早期発見・即退治!で、何とか丸坊主は避けたいところです。
e0007223_972980.jpg
手づくりはこちら。
マフラー一本には足りない毛糸を2種使って、しましまボーダーのマフラーにしてみました。
半端に余ってしまった残り糸の処理にはいつも頭を悩ませるところですが、こんな風に上手く使えると、「やった!」という気持ちになります。
冷蔵庫の残り物を使って美味しいものが作れたときみたい!?
もちろん、双方不味いものができることもしばしば・・・編み物も料理も、まだまだ修行が足りないみたいです。


吉祥寺「ニューロ・カフェ」さんで、編み物教室を開いています!
詳細・お申込はこちらから。
7月のお教室は、18(水)・27(金)、8月は24日(金)です。


下北沢北口駅前「下北沢巧房」 M-1ボックスにて、常時作品販売中です!


ランキング参加中です。クリックしていてただければ、嬉しいです。

   ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by marronhouse | 2007-07-10 09:11 | イベント・お知らせ


<< いよいよ収穫期です! 梅雨を快適に乗り切るために・・・ >>