関西旅行・神戸編③ 兵庫県立美術館

e0007223_18523285.jpg
さて、次に訪れたのは、「兵庫県立美術館」。
別名「芸術の館」と呼ばれるらしいこちら、2002年にオープンしたばかりの、新しい美術館です。
あまぐり夫婦に、神戸にまで来て芸術を鑑賞する趣味があったのかというと、そうではなく、実は建物だけを見に来たのです。
e0007223_18555232.jpg
こちら、前回の記事の魚のオブジェに続き、建築家・安藤忠雄氏の設計する建物。
建物だけが見たかったので、もちろん中には入らず、周辺をうろうろして、写真を撮らせていただきました。
e0007223_18572320.jpg
この美術館、延床面積27461.41m²もあるそうで、とにかく広い・・・。
わたしは建築の専門的なことは分かりませんが、どのスペースも広く大きく造られていて、シンプルで気持ちの良い空間でした。
こんなにゆったりとした造りの美術館ってなかなか見かけないかも知れません。
e0007223_1944257.jpg
もちろん美術館なので、中には芸術作品がぎっしりなはず。
7000点以上の作品を所蔵しているらしいので、美術に興味のある方も、建築に興味のある方も、それぞれに楽しめる空間だと思います。
それにしても・・・こちらを見学し終わってもまだ11時前。
一日が長いです・・・。


ランキング参加中です。クリックしていてただければ、嬉しいです。
   ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by marronhouse | 2006-05-09 19:08 | 編物(ポーチ・小物)


<< 関西旅行・神戸編④ ヨドコウ迎賓館 関西旅行・神戸編② ベイエリア >>