自家製栗料理・その2


栗料理の第2弾は、「いちばん美味しい栗の食べ方♪」と夫婦で意見が合致している、栗の渋皮煮。
これはもう、毎年必ず作る、我が家の定番常備菜。

作るのにはおそろしく手間が掛かりますが、美味しいものを食べるための労力は惜しまないのです;




e0007223_1041692.jpge0007223_10411577.jpge0007223_10412553.jpg






栗は、渋皮を傷つけないように鬼皮を慎重に剥き、渋抜きのための下茹でをします。

茹でては煮こぼすこと4回。
さらに、渋皮のまわりに付いたケバケバした毛を一粒ずつていねいに取り除きます。




e0007223_10594894.jpge0007223_10595813.jpge0007223_110723.jpg






一晩水にさらしてさらに渋を抜き、翌日もう一度茹でこぼして、ようやく砂糖を入れて煮含めていきます。

上白糖に黒砂糖を混ぜるのがわたしのオリジナル。
こうすると、美味しそうな色に煮上がる上、味にコクもでるのです。

煮上がった栗はタッパーに小分けして冷凍保存。
来年、再び栗の時期になるまで楽しみます♪




e0007223_1143975.jpg

一晩寝かせて、じっくり味のしみた今年の渋皮煮。
美味しそうに仕上がりました。

そのまま食べるのはもちろん、ケーキにパイに・・・と、今年はさらなる加工も楽しみたいと思います♪






下北沢北口駅前「下北沢巧房」 M-1ボックスにて、常時作品販売中です
※お店は水曜日が定休日です  お出掛けの際はご注意下さい

[PR]
by marronhouse | 2009-09-29 11:10 | 日々雑記


<< 自家製栗料理・おまけ 自家製栗料理・その1 >>